旅行代金もキャッシュバック?!その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

長崎くんち2017日程とスケジュール!場所とチケットについても

2017年9月17日観光・イベント長崎くんち

長崎くんち2017日程とスケジュール

長崎くんちとは長崎の氏神「諏訪神社」の秋季大祭です。

ここでは長崎くんちの日程やスケジュール、チケットについて紹介します。見どころや楽しみ方もおさえておきましょう。

関連記事長崎くんち2017行ってきた!チケットなしでの楽しみ方は?

スポンサードリンク

長崎くんち2017日程

長崎くんちの日程は毎年10月7、8、9日の三日間です。この三日間を前日(まえび)・中日(なかび)・後日(あとび)と呼びます。

2017年の日程は3連休なので長崎の街がたくさんの来場者であふれることでしょうね。

日程:2017年10月7日(土)~9日(月)

お神輿行列の「お下り」「お上り」よりも、龍踊(じゃおどり)などの奉納踊が長崎くんちとして有名になってますよね。

今年は龍踊がない年ですが、長崎くんちは十分に楽しめます。街には活気がありますし、見ていると勢いとパワーをもらえます^^今年の奉納踊をチェックして御神輿行列も見たいですね。

長崎くんち2017の踊町は?

踊町とは今年の奉納踊をする町のことです。町ごとに踊りが違うんです。7年に1度当番が回ってきて、1年につき5~7町が務めます。

つまり7年間連続で見ないと全部は見れないってことなんですね~。

2017年の踊町は5つです。

  • 馬町(うままち) :本踊(ほんおどり)
  • 東濵町(ひがしはまのまち):竜宮船(りゅうぐうせん)
  • 八坂町(やさかまち):川船(かわふね)
  • 銅座町(どうざまち) :南蛮船(なんばんせん)
  • 築町(つきまち):御座船・本踊(ござぶね・ほんおどり)
奉納踊はもちろんですが、傘鉾にも注目です。傘鉾とは町のプラカード的存在で、それぞれデザインが違います。

好みの傘鉾があるといいですね^^

長崎くんちのスケジュール

長崎くんちは10月7~9日の3日間がメインですが、それだけのお祭りではありません。

メイン以外の日だと10月3日の庭見せが人気ですよ。

6月1日

小屋入り 打ち込み

8月下旬

踊町激励訪問

10月1日

事始神事・御神輿守清祓い(諏訪神社)

10月2日

氏子清祓い(諏訪神社)

10月3日

庭見世(各踊町にて夕方より)

10月4日

人数揃い(各踊町にて午後より)

10月7日 (前日)

7:00 奉納踊開始(諏訪神社→中央公園→お旅所)奉納踊終了後に庭先回り

11:30 流鏑馬神事(諏訪神社中庭にて)

13:00 お下り・傘鉾パレード (市役所前~県庁手前まで)

16:00 奉納踊開始 くんちの夕べ(諏訪神社→中央公園)

10月8日 (中日)

7:00 奉納踊開始(八坂神社→中央公園)奉納踊終了後に庭先回り

10月9日 (後日)

7:00 奉納踊開始(お旅所→諏訪神社)奉納踊終了後に庭先回り

13:00 お上り(お旅所仮宮~本宮へ)

長崎くんちの場所

長崎くんちの踊りはどこで見れるかというと

  • 桟敷席がある会場
  • 庭先回り
で見ることができます。

桟敷席があるのは踊場といわれる会場で3日間で4か所あります。本場所とも呼ばれています。

長崎くんちの踊場スケジュール

4か所の会場であれば、その年のすべての踊町をフルバージョンで楽しむことができますよ。2017年は30分ずつの奉納踊を5つの踊町で披露するので、2時間半ですべて見終わります。

ただし無料で見ることはできません。観覧チケットが必要です。次の章で詳しく説明しますね。

10月7日(土)朝

7:00 諏訪神社
8:10 中央公園(招待席のみ)
9:10 お旅所

10月7日(土)夕べ

16:10 諏訪神社
17:10 中央公園

10月8日(日)朝

7:00 八坂神社
8:00 中央公園

10月9日(月・祝)朝

7:00 お旅所
8:20 諏訪神社

長崎くんち雨天の場合の踊場

当日が雨天の場合は踊場のスケジュールが変更になるので、それぞれの会場に確認が必要です。

長崎くんちの庭先回り

奉納踊のあとに庭先回りといって街を練り歩きます。

出し物がどこの場所にいるかは「長崎くんちナビ」が役立ちますよ。地図が見れるので便利です。

当日はスマホで確認しながら移動するといいと思います。

長崎くんちのチケットについて

チケットというのは4か所の踊場の桟敷席の券のことです。この観覧席は基本的に有料でチケットが必要になります。こちらは完売がとても早いので手に入りにくいです。

当日の立ち見チケットがある会場もありますが、早くから並ぶ気合が必要。

ですが庭先回りで町内を練り歩いたりするので、チケットがなくて会場で見れなくても十分に楽しめます。

長崎くんちのチケット情報

※リンクはそれぞれの会場のチケット情報に飛びます。

それぞれの会場で別々の運営なので、料金もバラバラ。中央公園以外は基本的に桝席なので4人席です。

早いところは6月のはじめからチケット販売します。席によっては1か月前でも買えるかもしれません。

チケット購入後のキャンセルができないので、行けなくなってしまった人がオークションやチケットキャンプなどで出品してることがあります。

最後に

全国的には「長崎くんちといえば龍踊」という認識です。ですが長崎市民は「おくんちにいく」といえば大波止~浜町付近に並ぶ露店を楽しむことを指すようです。

踊りはもちろん、屋台の食べ物でお祭り気分を盛り上げるのもいいですよね。

ぜひ長崎の街のおくんちパワーをもらいに行きましょう!

関連記事長崎くんち2017行ってきた!チケットなしでの楽しみ方は?
行き方福岡から長崎へはバスが格安だった話
行き方福岡から長崎の電車の料金は?特急かもめのお得な切符で乗ってみた