博多駅からヤフオクドームへ!バス・地下鉄・タクシーどれがいい?

福岡空港からヤフオクドーム

訪れる人の多いヤフオクドーム。

今回は博多駅からヤフオクドームへどのように行くのが早いのか、安いのか、便利なのかをまとめてみました。

関連記事福岡空港からヤフオクドームへの行き方
関連記事天神からヤフオクドームへの行き方
Check!福岡でSuicaは使える?チャージはできる?
スポンサードリンク

博多駅からヤフオクドームへバスでの行き方

バスは臨時バスと通常の路線バスがありますが、どちらがおすすめなのでしょうか。

すぐに乗りこむことができるなら臨時バスは直通なので路線バスより早いです。でも臨時バスは乗るための行列待ちがあったりします。

どちらも料金は同じなので、その時の状況によって乗るバスを代えるのもアリだと思います。

臨時バスと路線バスについて、それぞれ詳しく説明していきますね。

所要時間:バスに乗ってから約20~25分
料 金 :230円

博多駅からヤフオクドームの臨時バスについて

便利で迷わないのは臨時バスですね。イベント時にはバスセンターからヤフオクドーム直行の臨時バスがあります。博多バスターミナルの1Fからでます。

終点で降りればいいだけなので、土地勘がなかったり、細かい停留所などが苦手な人におすすめです。

最もドームに近いところで降ろしてくれるのはメリットですね。

ですが一番利用者が多いので、乗るまでに時間が掛かるのも臨時バスですね。

博多駅からヤフオクドーム前までの路線バスについて

もし臨時バスに長い列ができていたら6番のりばに行って306のバスに乗りましょう。このバスも高速利用ですし、こちらに乗って「ヤフオクドーム前」で降りればOKです。

博多バスターミナルからヤフオクドームへの路線バス時刻表はこちらです。

バスターミナルではなく、博多駅前から出る300、301、303、305の路線バスもあるのですが、これらは天神を経由するため、渋滞になる確率が高いです。思ったより時間がかかった、なんてことがよくあるので急ぐときは避けた方が無難ですね。

もちろん臨時バス、306のバスも渋滞の可能性があるということは覚えておきましょう。

スポンサードリンク

博多駅からヤフオクドームへ地下鉄での行き方が早い

バス利用者が多いので並ぶ待ち時間がもったいない、時間に合わせて確実に行きたい、という場合は地下鉄利用がおすすめです。

臨時バスは並ぶだけで30分かかる場合もありますからね。地下鉄なら待つことなくスムーズに乗れるでしょう。

博多駅から唐人町駅まで乗り換えなしで12分260円。唐人町駅からヤフオクドームまで徒歩15分ほどです。

参考に唐人町駅からヤフオクドームまでの行き方の地図を貼っておきますね。

所要時間:約25~30分
料 金 :260円
スポンサードリンク

博多駅からヤフオクドームへタクシーでのお得な行き方

実はプロ野球開催日には博多駅からヤフオクドームまで1,800円の定額で行くことができます

博多駅博多口にあるタクシー乗り場で
「ヤフオクドームまで定額でお願いします。」
と伝えましょう。

ほとんどのタクシー会社がこの定額サービスをしているんだとか。渋滞があっても値段は一定なのが嬉しいですよね。

運転手さんの話によると500円ほどお得なんだそうですよ。人数が多かったり、小さいお子さんがいる場合に使いたい便利なサービスですね。

高速を利用すると実費になるのでその点は注意してくださいね。

ちなみにこのサービスは往路のみで、ヤフオクドームから博多へは定額で乗ることはできません。通常利用の料金になります。

所要時間:渋滞なしで約20分
料 金 :通常は2,300円程度 野球開催日は1,800円

博多からヤフオクドームまでの行き方のまとめ

バスの場合

  • 所要時間:バスに乗ってから約20~25分
  • 料 金 :230円

地下鉄の場合

  • 所要時間:約25~30分
  • 料 金 :260円

タクシーの場合

  • 所要時間:渋滞なしで約20分
  • 料 金 :通常は2,300円程度 野球開催日は1,800円
博多からヤフオクドームまで最も安い行き方は臨時バス、路線バスの利用ですね。ですが渋滞の可能性もあります。

最も早いというより、確実に時間を計算できるのは地下鉄プラス徒歩でしょう。

便利なのは定額タクシー。急いでるなら料金を上乗せして高速利用が早いかもしれません。

あなたにあった行き方を選んでくださいね。

関連記事福岡空港からヤフオクドームへの行き方
関連記事天神からヤフオクドームへの行き方
Check!福岡でSuicaは使える?チャージはできる?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Translation

ページ上部へ戻る