下関の亀山八幡宮の御朱印や時間!野球ボール?花火大会は?

山口県下関, 寺社仏閣

下関の亀山八幡宮

唐戸市場の目の前にある亀山八幡宮。

道路沿いの鳥居が目立ってます。

御祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后・仁徳天皇で、「関の氏神さま」「亀山さま」と地元の方に親しまれています。

今回唐戸市場に海鮮丼を食べに来たので、亀山八幡宮にちょっと寄ってみました!

下関の亀山八幡宮 御朱印や時間は?

こちらの社務所で御朱印の受付をしていました。

御朱印は亀山八幡宮とお亀明神社(お亀明神)の2種類がいただけます。

初穂料は各300円でした。

毎月29日(2月は9日)にはふくの絵が入った限定の「ふく御朱印」がいただけるそうです。

亀山八幡宮に拝観ができる時間は6時~19時(毎月1・15日は午前5時に開門)となっていて、その時間であれば御朱印もいただけるようです。

御朱印帳は神社と海のデザインでした。

それからふくの絵馬もありました。

ふくは「福」ということで縁起がいいですね!

日本一と言われるふくの像がありますが(写真撮り忘れ…)、休憩所にもふくの提灯があってなんだか可愛らしかったです♪

亀山八幡宮の見どころ
タップで拡大

境内の案内を見るとほかに神亀や子持ち狛犬、イチョウなど見どころがたくさんありました!

下関の亀山八幡宮に野球ボール!

亀山八幡宮の鳥居には野球ボールが挟まっていることから、野球の神様として参拝する人も多いんだそうです。

ちょっと遠目にはわかりづらいんですが、

「山」の字の左下にすっぽり!

キレイにハマってますね~^^

近所の従業員が休憩中に野球をしていて偶然こうなったんだとか。

昭和33年からずっとこのままということで、実に60年以上もこのような珍しい光景が続いてるってことですね。

そしてゲン担ぎとして必勝祈願したことで

  • 下関商業が昭和38年の甲子園で春・夏連覇
  • その翌年に早鞆高校が春のセンバツで準優勝
となったことから野球の神様と呼ばれています。

下関の亀山八幡宮の花火大会

亀山八幡宮は花火大会も行われている神社です。

毎年7月29・30日に夏越祭(関の提灯まつり)が行われ、神事はもちろん屋台などもあって盛り上がります。お祭りの終わりには海辺で花火が打ち上げられています。

亀山八幡宮の花火大会の日程

  • 毎年7月30日20:00~20:50
※荒天の場合は中止

下関の亀山八幡宮のまとめ

意外と見どころの多い亀山八幡宮でした!

駐車場はありますが、道が狭いので車の大きさによっては別の場所に停めた方がいいかもしれません。

ちなみにわたしは唐戸市場の駐車場に停めたまま歩いてきました。

  • 住所: 山口県下関市中之町1-1
  • 電話: 083-231-1323(亀山八幡宮社務所)
  • 拝観時間:6時~19時(毎月1・15日は午前5時に開門)
  • 駐車場:裏の鳥居から上る(ただし道が狭い)
関連下関から角島大橋・元乃隅神社の日帰りドライブモデルコース