原爆ドームから宮島への行き方 高速船・路面電車・JRの時間と料金

2019年4月5日宮島, 広島県原爆ドーム, 平和記念公園, 行き方

原爆ドームから宮島への行き方

原爆ドームや平和記念公園と宮島の両方を1日で観光できないかな?さくっとアクセスできないかな~?って思いますよね。

実は高速船を使えば直接宮島に行くことができます。ただし電車で行く方法よりは値段が高いんですよね。

なのでどの行き方を選ぶかはその時の時間とお金次第。

この記事では原爆ドームから宮島までの高速船と電車のそれぞれの所要時間と料金について紹介します。

原爆ドームから宮島へ高速船での行き方

原爆ドームから宮島へは世界遺産航路という高速船で直接行くことができます。

高速船でのアクセスは原爆ドームや平和記念公園から宮島へのもっとも早い行き方です。時間優先の人はこれ。

なんと所要時間は45分です!

それに乗り換えがなしで宮島に直行できる移動方法なので簡単ですよね。

前日までなら予約もできますよ~。
世界遺産航路の予約
予約している場合ですが、15分前には乗り場に着いておかないとキャンセル待ちの人にまわされてしまうことがあるそうです。

世界遺産航路は潮位によって欠航になるので、あらかじめ時刻表を確認しておく必要があります。
世界遺産航路の時刻表

欠航便は日によって違うので、乗る予定の日付を入力してくださいね。

時刻表を調べておけば、さらに効率的に行動できますね!

  • 所要時間:45分
  • 料金:片道2,000円、往復3,600円

宮島行きの高速船乗り場

原爆ドームから宮島行きの高速船乗り場

宮島行き高速船の乗り場は元安橋の下です。

原爆ドームから川沿いに歩いて行くと乗り場があります。

原爆ドームから宮島行きの高速船乗り場

パラソルの横にある階段から下りれますよ~。

待合所があるのでそこで乗るための手続きをします。

原爆ドームから宮島行きの高速船乗り場

宮島行きと書いてありますね^^

原爆ドームから宮島へ路面電車での行き方

原爆ドームから宮島へ路面電車

原爆ドームから宮島へ路面電車で行くには

  1. 路面電車で宮島口へ行く
  2. 宮島口から宮島へのフェリーに乗る

このようになります。

原爆ドームのすぐそばにある路面電車(広電)の「原爆ドーム前」駅から2号線の宮島口行きで終点まで乗ります。

宮島口でおりたらすぐ目の前がフェリー乗り場です。そこから10分で宮島に到着します。

宮島へのフェリーは2社ありますが、どちらに乗っても料金は同じです。

関連宮島へのフェリー 料金と時間は?割引はある?乗り場はどっちがいい?

  • 所要時間:約70分
  • 料金:460円(路面電車280円+フェリー180円)

原爆ドームから宮島へJRでの行き方

原爆ドームから宮島へJRで行くには乗り換えが必要です。

  • 原爆ドーム前(路面電車)から横川駅:180円
  • 原爆ドーム前(路面電車)から西広島駅:180円
  • 本通(アストラムライン)から新白島駅:190円

このいずれかでJRに接続して山陽本線で宮島口駅(どの駅からも320円)まで行きます。どの行き方でも時間的に差を感じるほどではありません。しいて言うならアストラムラインが効率的ですかね?

JRを使った方が早いのでは?と思うかもしれませんが、乗り換え回数が増えるのがちょっとネック。特に旅行者は土地勘がないから、できるだけ乗り換えが少ない方がいいですしね。

それにJRは1時間に4本くらいしかないので乗り継ぎを考えると、スムーズに行く場合でも路面電車の行き方と比べて10分短くできるかどうかです。

交通費が増えてしまうのに所要時間は変わらないし、さらに時間がかかることもあるのでこのルートを選ぶメリットはあまりないような気がしますね。

  • 所要時間:70分前後
  • 料金:680~690円(電車500または510円、フェリー180円)

原爆ドームから宮島への行き方の比較まとめ

原爆ドームから宮島への行き方で早いのは高速船、安いのは路面電車です。

  • 時間や簡単さを優先する場合は高速船
  • そうでない場合は路面電車

がおすすめです。

高速船の場合

  • 所要時間:45分
  • 料金:片道2,000円、往復3,600円

路面電車の場合

  • 所要時間:約70分
  • 料金:460円(路面電車280円+フェリー180円)

JRを使う場合

  • 所要時間:70分前後
  • 料金:680~690円(電車500または510円、フェリー180円)
行き方広島駅から原爆ドームまでの行き方 電車・バス・タクシーの時間と料金
関連原爆ドームと平和記念公園の徒歩ルート 所要時間は?服装はどうする?
関連宮島日帰り観光モデルコース!スポットの見どころと時間と料金