旅行代金もキャッシュバック?!その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

宮島の厳島神社の御朱印の場所と受付時間と金額は?御朱印帳は?

宮島, 観光・イベント厳島神社, 寺社仏閣, 御朱印

厳島神社の御朱印の場所と受付時間と金額

宮島の厳島神社に行ったらせっかくなので御朱印をいただきたいですよね。

御朱印をの受付場所と受付時間を確認して確実にいただきましょう。

御朱印と御朱印帳についても紹介します。

厳島神社の御朱印の場所はどこ?

厳島神社の御朱印の場所はどこ?

厳島神社の御朱印はどこでもらえるかというと、入り口から歩いて本殿を超えた場所の廻廊です。

御朱印は参拝の後にもらうものなのでこの場所になってるんでしょうね。

つまり厳島神社の中に入る参拝者のみしかもらえません。まず拝観料が必要です。御朱印の料金だけではいただけないってことですね。

厳島神社の御朱印の場所はどこ?

この日はふたりの神職の方が書かれていました。日によって人数は違うと思います。

どちらの方に書いてもらうかは縁ですが、字体はかなり違うようでした。

御朱印の待ち時間は5、6人並んでて3~4分くらいだったと思います。

宮島の厳島神社 御朱印の受付時間は何時から何時まで?

厳島神社の開門は6時30分です。ですが御朱印の受付開始時間は8時~8時30分くらいです。

お守りなどの授与も同じ時間からです。

これは朝の神事があるからということなので、早朝に行ってしまった場合は待たないといけなくなります^^;

御朱印をもらう予定なら、あまり早い時間に行かないほうがいいということですね。

受付終了時間は閉門時間です。これは季節によって違いますが、早い時期でも17時なのでそれよりも早く行けばいいと思います。それでも夕方に行く予定なら閉門時間をちゃんと確認しておくと安心ですね。

  • 受付開始時間:8時~8時30分ごろ
  • 受付終了時間:閉門時間

厳島神社の閉門時間

  • 三が日:    18時30分
  • 1月4日~2月:  17時30分
  • 3月~10月14日: 18時00分
  • 10月15日~11月:17時30分
  • 12月:     17時00分

厳島神社の御朱印と御朱印帳の金額はいくら?

厳島神社の御朱印と御朱印帳の金額はいくら

厳島神社の御朱印の料金は300円でした。一般的な金額ですね。

御朱印の種類は一種類です。

もし万が一、御朱印帳を忘れた場合は書き置き(半紙)でいただくことができます。忘れてしまったことを伝えて下さいね~

厳島神社の御朱印と御朱印帳の金額はいくら

御朱印帳は1,000円で販売してました。これも一般的な値段ですね。

でも御朱印帳のみを購入する人はあまりいないと思うので、御朱印料と合わせると1,300円になります。

もらい方は、御朱印の受付場所で「新しく始めたいんですが」と伝えます。そうすると新しい御朱印帳に御朱印を書いてもらえます。

このときの御朱印帳は大鳥居が海に浮かぶ厳島神社ならではのオリジナル。買った時期によっては微妙にデザインが違ったりします。似てるけど厳島神社を見る角度が違って、大鳥居が右側に描かれていて本殿と重なってないものもあります。

2018年10月からはデザインチェンジしたようで、現在は五重塔が描かれたものが手に入ります。

宮島の厳島神社の御朱印のまとめ

厳島神社の御朱印の受付場所は参拝順路でいうと本殿の奥です。参拝後に受けれるようになっています。

受付時間は8時~8時半ごろから閉門まで。開門は6時半ですが、あまり早く行っても御朱印を頂くことはできません。 お守りなども同じ時間です。

御朱印は300円、御朱印帳は1,000円と一般的な神社と同じ金額でした。

万が一、御朱印帳を忘れても書き置き(半紙)を頂くことが出来ますよ。

関連厳島神社の大鳥居は満潮と干潮どっちがおすすめ?歩く靴に注意
関連厳島神社の見どころと見学所要時間は?情報のまとめも
関連千畳閣の見どころは?休憩や飲食はできる?五重塔の眺めは?