大相撲九州場所 座席表後方もOK!楽しみ方と見所!持ち込みや売店についても

2015年12月29日祭り・イベント九州場所, 大相撲

大相撲九州場所の楽しみ方と見所

大相撲九州場所の14日目と千秋楽に行ってきました!

座席表を確認して思っていたより実際は違った感じとか、九州場所ならではの楽しみ方や見どころ、福岡国際センターのあれこれについて紹介します!

関連記事
>>>博多駅から福岡国際センターへのバス・地下鉄・タクシーでの行き方
>>>大相撲九州場所前夜祭チケットを取り福岡国際センターへ

スポンサードリンク

大相撲九州場所座席表のイメージより土俵に近い

九州場所14日目

今年は大相撲九州場所の14日目と千秋楽に行くことにしました。

本場所の15日間の中で最も人気の高い2日間なので、狙っていた二人桝席のチケットを取ることができず、両日とも「らくらくマス」の席になりました。

「らくらくマス」とは九州限定の桝席で後ろ側にはなりますが、お値段は2人分で4人用の桝席を利用できるというゆったりとした席なんです。座布団が4枚あるので2枚は背もたれにしても良いし、足を伸ばして観戦できます。

もともと福岡国際センターの桝席は両国国技館などに比べてちょっと広めなんで、かなり余裕をもって座れます。

ただ福岡国際センターの座席表を見るとらくらくマスの席は土俵から結構離れていますよね。

大相撲九州場所座席表

あんまり見えないかも~なんて思ってたけど充分でした!

もちろん枡A席に比べたら遠くはありますけど、福岡国際センターはどこからでも見えやすいというのは本当でしたね。

らくらくマスでの観戦

よく考えたら12側(前から12列目)なので両国国技館でいうところのマスB席と同じですからね。写真を撮ると土俵が遠くに見えますが実際はキチンと見える距離でしたよ^^

らくらくマスのすぐ後ろにはペアシートといってテーブル付きのイスの席があります。足が悪かったりするなら桝席よりもこっちが絶対良いだろうな、と思いました。

両国国技館の2階は雰囲気を楽しみに行くところ、なんて言うけど、九州場所は2階のイス席でも大相撲観戦を楽しめそうだな、と思いました。イスは硬そうですけどね。

九州場所の楽しみ方や見所

九州場所の魅力はなんといっても力士や親方との距離が近いことです。

ロビーで入り待ちができるので、近くでシャッターチャンスを狙っている人が並んでいます。ロビーが狭くなりますし、スタッフが大変そうだけど、これはファンには嬉しいですよね。

わたしは取り組みをじっくり見る派なので入り待ちはほとんどしないのですが、トイレに行ったらちょうど白鵬関が来たり、とラッキーなこともあります。

14時くらいから入り待ちの人数が多くなります。

力士たちの写真展などを見ていると、すぐそばを力士が通りますし(この場所での撮影は禁止)本当に間近なので体の大きさに驚きます。

スポンサードリンク

宝富士と誉富士が前後になって歩いていました。横に並ぶと通路がキツイからでしょうね~。支度部屋が東と西に分かれるから、逆方向には照ノ富士が歩いて行ってて、いっぺんに伊勢ヶ濱ブラザーズを堪能できました^^

会場がせまいから親方衆もウロウロしてるし、有名な親方と握手できることも。とにかく身近に感じることができます!

好きな力士の取り組みが終わったらすぐに席を立って花道に向かうという人もいます。お目当ての力士が勝つと力水の時間があるから、ちょうどお迎えができるんですよね。「おめでとう」って声かけて拍手したいのがファン心理というものです^^

九州場所には焼き鳥やちゃんこはないけど、ひよの山と沢山写真撮れるし、取り組み前の力士を見ることもできるし、とってもアツイですよ!

ひよの山の撮影

大相撲九州場所に持ち込みはできる?売店の弁当は?

九州場所は両国国技館と違ってお茶屋さんのシステムがほとんどないので、座席のチケットのみを持っている観客がほとんどです。でも大相撲を桝席で見るなら食べたり飲んだりしたいですよね。

お土産セットを予約していたり、売店でお弁当を買う方も多いです。

でも福岡国際センターは持ち込みができるので、博多からのバスを「石城町」のバス停で下りて、コンビニでビールと少しのおつまみを買って行きました。売店でもビールは売ってますけどね(笑)

お家からお弁当を持ってくる方もいるようですね。

売店でのお目当ては焼き鯖寿司。去年の九州場所初日に食べて美味しかったので今年も買う予定だったのですが全く売っていない…。

九州場所の売店お酒やおつまみ

九州場所の売店関取グッズ

福岡国際センターの売店

焼き鯖寿司が売ってなくて、とても残念でした。14日目になると数も少なかったのか、もともとないのかわかりませんが、13時半にはありませんでした。

大相撲は再入場が1度できるので、売店にめぼしい食べ物がなかったらコンビニで買うのもありかもしれませんね。前もってお寿司などを持っていくのも良いかと思います。

ひよの山のグッズで欲しいものがあったので売店で買うつもりだったのですが、14日目にはすでに売り切れでした。

14日目には種類が少なくなっていたとはいえ、ひよの山グッズのコーナーがあったんですが、千秋楽にはコーナー自体がなくなってました^^;さらにグッズの種類が少なくなってしまって関取のグッズの横に少しだけ置いてある状態…。

グッズは腐る物でもないし、多めに準備しておいてほしかったな~

つまり売店を楽しみにしているなら千秋楽より初日の方が良い、ということでしょう。

まとめ

九州場所に一度は行ってみてほしいという、この気持ちが伝わったでしょうか。

九州場所は本場所の中でも比較的チケットも取りやすいですし、土俵も近いのでおすすめです。

また来年も行きたいな~

スポンサードリンク

関連記事
>>>博多駅から福岡国際センターへのバス・地下鉄・タクシーでの行き方
>>>大相撲九州場所前夜祭チケットを取り福岡国際センターへ

関連記事